カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

第10期早稲田環境塾塾生、早稲田環境塾の皆さんへ

第10期早稲田環境塾の第7講「女神舞う花の大滝」(福島県・三春町 31日)は、「文化としての環境日本学」の核心へ展開します。 生物学が証明する「不定根」による1000年余りの樹勢継承の証を、佐藤カメラマンの傑作写真を多用して証明します。桜を熱愛する花の民族・日本人が、なぜ自然破壊の国際的コンサベイション・ギャング、公害大国に堕したのか。環境省大井道夫元参事官の論究「虚妄の自然愛『日本人自然愛説』について」と原塾長のイエローストン国立公園への滞在記をテキストに解明します。三春町の臨済宗福聚寺住職、作家の玄侑宗久さんと原塾長のインタビュー「直観文化の粋」も交えて講義します。 第3シリーズ第2講「月の山に祈る」(山形県鶴岡市 6月7日)は、月山と出羽三山信仰が舞台です。山岳宗教、神道、仏教が習合した日本人独自のカミの概念、シンクレティズムの原点、「月山」を訪ねます。なぜ今山伏なのか、月山の山伏体験をたどり、日本文化の基層を成す宗教観(自然観)の原風景に迫ります。大日坊瀧水寺の真如海上人の即身仏(ミイラ仏)と加持祈祷により、明治元年の神仏分離令から149年、神仏習合の原風景の現場を、今なおまざまざと体験できます。「ここでは拝む対象は一つ。天照大神(神様)は大日如来(仏様)であり、八幡様(神様)は阿弥陀仏様(仏様)なのです」。(遠藤宥覚・大日坊瀧水寺貫主)。 すべての吹きの 寄するところ これ月山なり 「月山」の作家森敦はうめくように記しました 最終回の第3講「文化としての蛍の灯」(6月14日、山形県高畠町)は、早稲田環境塾のフィールドワークの現場です。有機無農薬農法と、生産者・消費者提携の原点である山形県高畠町を訪ねます。早稲田環境塾を母胎とする「青鬼クラブ」による原発風評被害克服の試みも紹介します。米沢藩に対する農民一揆の指導者高梨利右エ門を今も祀り、権力者たちが巨石に刻まれた一揆への酬恩碑を引き倒すたびに、集落の女性たちの毛髪で編んだ綱で引き立て直した農民たちの気概を、農業基本法農政を批判し、無農薬農法による田んぼへの蛍の復活を介してたどります。 10期塾第3シリーズは、3回の講義により文化としての環境日本学、の核心に迫ります。努めてご参加ください。 早稲田環境塾 塾長 原剛

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

たかはた共生プロジェクト「青鬼クラブ」会員、早稲田環境塾生の皆さんへ

12月19日夜、東京恵比寿のフランス、ブルターニュの郷土料理店「カフェ クレープリー ル コントワール」に、青鬼クラブ会員・早稲田環境塾生ら40人を超す同人が集いました。11月26日、山形・高畠での開催に続き、恒例の青鬼サロン東京版です ブルターニュ出身のオーナー、ラーシェ・ベルトラン氏を始め、高畠出身の店主安部直樹さんほかスタッフが総出動。「たかはたシードル」のお披露目パーティーとなり、ワインテイストの豊潤で華麗なシードルを愛でつつ、集いは華やかに、楽しく深夜に到りました。 10月に穫りたての青鬼農園からの新ソバに、レストランのシェフが腕を振るった絶品のソバのガレットも味わいました。 たかはた共生プロジェクトから星寛治共同代表、中川信行副代表、青鬼農園を現場で支えている佐藤治一事務長、若手の代表皆川直之さんが参加しました。 「たかはたシードル」はアルコール度8%。7分の1に蒸留すればフランス・ブルゴーニュ産の銘酒「カルバドス」に昇華されます。 パーティーには「人間のための経済学・内発的発展」論の第一人者で、早稲田環境塾に基本理念を及ぼした西川潤・早稲田大学名誉教授夫妻、日本の政治社会学を主導する栗原彬立教大学名誉教授、農業の回生を通じて、社会の変革を志す早稲田大学教育・総合科学学術院福田育弘教授が加わりました。 口に含めば、その芳醇さに感嘆する「たかはたシードル」。原料のリンゴは、奥羽山脈の直下、たかはた共生プロジェクト会員たちの43年に及ぶ有機無農薬果樹園の産です。初の作品としては望外の出来映えです。県立広島大学百武ひろこ教授によるスマートな縦長のラベルデザイン。裏ラベルには星寛治さんを取材して得たメッセージが添えられ、並々ならぬその物語性を秘めています。 高畠と東京を繋ぎ一連の活動と成果を導いたのは早稲田環境学研究所客員准教授、県立広島大学准教授の同志吉川成美さんです。トヨタ財団・国内助成からの支援を得て、県立高畠高等学校での連続講義、実技指導、三つの中学校を統合して今春新設されたばかりの高畠中学で、学校農園の開設など、プロジェクトの一連の成果の“華”が「たかはたシードル」です。 飲食表象論の専門家で、ワインづくりに精通している福田育弘早大教授から「本物の国産ワインは工業産ではなく、農業の生業となっているフランスに学びたい」と激励の辞を贈られました。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第9期塾生 西別ツアー組の皆さんへ

諸事連続、多忙に取りまぎれメッセージの発信を怠りました。 虹別コロカムイの会舘会長ら皆さんは元気で活動しています。 昨秋シマフクロウの営巣古木の1本が台風で倒れ、急遽別の大木へ巣箱を移し換えたそうです。そこで2羽が誕生、1羽は事故に遭い、一羽は無事に巣立ったとのことです。 天候異変にとどまらず、大橋勝彦事務局長の鮭定置網に、今秋は暖海性のブリが大量に入るようになり、地球温暖化の進行を実感しているとのことです。 12月の虹別コロカムイの会の恒例忘年会は、早稲田大学に先週開講した早稲田環境学研究所・冠講座「文化から環境を考える」に参加している学生たちが参加する予定です。 私は10月3日から9日まで、選考委員をつとめている経団連自然保護協議会(基金)の助成プロジェクト視察団に加わり、ミャンマーのイラワジ河、ベトナムのメコン川河口域で「生物多様性と人間」のスケールの大きいせめぎ合いを目撃してきました。 旅の途上、私は一時離脱して10月6日国立ハノイ大学に新たに開講された早大との協同講座「Beyond the Diversity」の初日に参加しました こちらも早稲田環境学研究所が講座を取り仕切っています。 日本への的確な批判を有する250名の優れた学生が参加しました。 シマフクロウプロジェクト「100年の森づくり」を、土(酪農)と水(漁業)が持続する生産の復元に関連させて、実のあるものとするため、その消費者である皆さんと持続可能な生産と消費のあり方を考えながら共に前進したいと願っています。 迫力満点のシマフクロウペアの鳴きかわしは、日本野鳥の会のHPからアクセスできます。 鳥とは思えない哺乳類の叫びですね。 企業の協力で、夜間に策餌行動をするシマフクロウの鳴き声を、的確にとらえることの出来る技術が開発されました。日本野鳥の会に寄せられた寄付により知床、日高など広大な生息地の買い取りも進んでいます。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

岩波書店「人々の精神史」第9巻

栗原彬先生が編集、岩波書店から刊行中の「人々の精神史」第9巻 「震災前後2000年以降、に星寛治さんが「いのちの磁場に生きる」―有機農業の拓く地平、を執筆しています。 文中、早稲田環境塾と青鬼クラブとたかはた共生塾との協働活動が詳しく紹介されています。 同書第5章のテーマは『足元から未来を織る』です。同志必読の書です。 岩波書店サイト>>>

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第5回 アジア学生交流環境フォーラム(ASEP)

早稲田環境塾の皆様へ 8月3~8日まで恒例の第5回「アジア学生交流環境フォーラム(ASEP)」(イオン環境財団、早稲田大学留学生センター主催)が早稲田環境塾の吉川成美、礒貝日月研究員らの指導で、知床半島、西別川流域、釧路湿原で行われます。 第9期早稲田環境塾に加わった早大生と精華、高麗、マラヤ、ハノイ、プノンペン、インドネシア各国立大学の学生約100名が、「生物多様性と英知」の課題で9期塾と同じフィールドに合宿します。早稲田環境塾が調査、研究を指導します。 多くの人々が参加して積み上げてきた植林やシマフクロウの保護、増殖など環境保護活動の社会性について、「虹別コロカムイの会」(舘定宣会長)の会員の指導で日本一の鮭川・西別川で学びます。 海陸71,103㌶の世界自然遺産、知床国立公園の核心知床半島で、熊が徘徊し、シャチが回遊する原生自然環境を体験します。 知床も開発の圧力に脅かされてきました。大規模な自然保護の市民運動を経て、今日の保護(preservation )保全と利用 ( conservation) を含む自然保護の社会ルールにたどりついてきました。 知床半島に隣接する根釧台地では、地平線と水平線が同時に展望できる広大な平原に欧州のスケールを抜く大規模規な酪農が展開しています。開発による自然破壊と環境汚染に対抗する住民たちによって、近代化に放逐された、先住民族アイヌ集落の守護神シマフクロウ(国指定天然記念物、絶滅危惧種)の復活の森の住民運動が展開され、着実に成果を挙げつつあります。 我々はこの地域でシマフクロウの森から共生の大地へ、環境が「農・林・漁」を繋ぎ生物多様性を生かした経済活動が、地域社会を支えている現実を学び、アジアの途上国の人々に伝えます。 主な訪問地(宿泊地) ①知床半島―海と森(ウトロ側) ②西別川・虹別コロカムイの会 根釧大酪農基地、摩周湖 ③釧路湿原野生生物保護センター。湿原内ビジターセンター(釧路市) 吉川成美、礒貝日月研究員が全行程に同行、独自に作成した英文テキスト「BIODIVERSTTY AND WISDOM]を用いて体系的に解説します。

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

第8期早稲田環境塾第3講「看空追影―探鳥を現代に問う―」(全4回)のご案内

第8期早稲田環境塾 「希望への確かな歩み-上質な人生とシンプルライフへ」 第3講座「看空追影―探鳥を現代に問う―」 概要: 文化としての環境日本学を目指し、「上質な人生とシンプルライフとはなにか」を考え実践する早稲田環境塾第8期は、第1講「ジャーナリズムとリテラシーへの対話」、第2講「企業の現場から」に続き、第3講を「看空追影―探鳥と現代に問う―」を課題に4月22日(水)から開講します。 中西悟堂(日本野鳥の会)、山階芳麿(日本鳥類保護連盟)ら先駆者によって拓かれた「文化・環境としての野鳥」への視点と認識を深めることにより、第8期早稲田環境塾の全体テーマへの手掛かりを見出すよう試みます。 東日本大震災以降、心のあり方への関心がかつてなく高まり、日本人の意識の変化をうかがわせています。このような社会現象と通底しているのではないかと思わる事柄として、 例えば日本野鳥の会の「ツバメキャンペーン」(2013年)に多くの、とりわけ若い女性が加わりました。同会のロゴマークをあしらった携帯長靴は空前の売れ行きを続けています。 文化・環境としての野鳥への気付き、認識を深めようと日本野鳥の会(1934年設立)の機関紙「野鳥」は過去さまざまな特集を組んでいます。 「宮沢賢治と鳥」(NO560) 「象徴としての鳥―古代エジプトの鳥たち」(NO679) 「聖フランチェスコと道元禅師」―偉大な自然思想家たち(N691) 人と生物のかかわりを生物文化史としてとらえるならば、「文化としての野鳥」の存在がこれほど日本人の心に迫った時はなかったでしょう。 このような社会の反応を裏付けに、「野鳥に託す文化としての環境思想」を考えます。大学での2度の講座とフィールドでの観察会、参加者によるシンポジウムの4部構成です。   プログラム: 第1回(4月22日水曜日) 「探鳥源流への旅―中西悟堂の心・自然、人文科学の互譲の精神―」 講師 滑志田 隆先生(駒場東邦中学校生物部元部員、日本山岳会会員、元毎日新聞社会部記者) 場所:早稲田大学西早稲田キャンパス19号館309号室 時間:18時30分~20時ごろ   第2回(5月14日木曜日) 「スズメの少子化、カラスのいじめ」 講師 安西英明先生(公益財団法人日本野鳥の会主席研究員) 場所:早稲田大学西早稲田キャンパス19号館310号室 時間:18時30分~20時ごろ   第3回(5月23日土曜日) 「湘南タゲリ米プロジェクト―探鳥・生態系観察会―(神奈川県茅ヶ崎市)」 講師 鈴木國臣先生(農家、三翠会代表) 樋口公平先生(日本野鳥の会神奈川支部 幹事、三翠会 湘南タゲリ米プロジェクトリーダー) ※神奈川県茅ヶ崎市寒川に位置する、渡り鳥タゲリの越冬地である水田の保護活動をやっていらっしゃる三翠会の方にお話を伺いながら、探鳥観察会を行います。探鳥観察会を通して都市近郊での生きている命を体感していただき、湘南タゲリ米プロジェクトのお話(生態系保護活動、タゲリ米流通、米焼酎生産、地元農家との協働)の予定です。 参考URL: http://sannsuikai.eco.to/pc/ 場所:神奈川県茅ヶ崎市寒川近郊 行程: 午前10時 相模線香川駅集合(JR東海道線茅ヶ崎駅から電車で7分) … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

2015年2月14日(土)「水と森にかこまれた環境創造の場・アサヒビール神奈川工場」(第8期早稲田環境塾第2講第3回)のご案内

第8期早稲田環境塾 全体テーマ「希望への確かな歩み-上質な人生とシンプルライフへ」 第2講座「企業の現場から」 第3回「水と森にかこまれた環境創造の場・アサヒビール神奈川工場」 1.水と森にかこまれた環境創造の場・アサヒビール神奈川工場 概要: アサヒビール神奈川工場が位置する神奈川県南足柄市は「水」を基調にした町づくりに長年取り組んでおり、「全国水の郷百選」「全国水源の森百選」にも認定されている、水とは非常にかかわりの深い土地柄である。神奈川工場では2005年から南足柄市と協同で水源地保全活動を実施してきた。 豊かな水と森林にかこまれた21世紀の「環境創造工場」は建築家の安藤忠雄氏による設計で、2002年に竣工された。この神奈川工場を視察見学し、水資源の大切さを学ぶ。また、アサヒグループホールディングス総務法務部門・秋葉 哲さま、アサヒビール株式会社経営企画本部社会環境部・内田光喜さまにアサヒグループの環境戦略についてお話を伺う。 場内見学、そしてお話を伺ったあとはできたてのビールの試飲を計画している。プログラム終了後は場内併設のビール園で懇親会を予定。   日時:2月14日(土)   プログラム: 10:50 小田急線新松田駅集合 11:05 新松田駅→アサヒビール神奈川工場路線バス乗車 11:25 アサヒビール神奈川工場着 11:25~12:00 場内見学(アサヒビオガーデン/物産館/ショップなど) 12:10~12:40 「アサヒグループの環境戦略」 アサヒグループホールディングス総務法務部門 秋葉 哲さま アサヒビール株式会社経営企画本部社会環境部 内田光喜さま 12:40~13:40 工場見学(見学+ビール試飲) 13:45~15:45 アサヒビール園神奈川足柄店にて懇親会 80分限定飲み放題+焼肉&海鮮コース一人3,000円 ※工場見学後の試飲および懇親会に関して、未成年の飲酒は固く禁じます 16:00 アサヒビール神奈川工場→新松田駅路線バス乗車 16:20 新松田駅着、解散 参加費用: 学生無料 社会人1000円(別途、懇親会参加者は学生、社会人ともに+3,000円) 申込方法:2月9日(月)までに 1.懇親会の参加の有無 2.名前・所属 3.連絡先(e-mai) を明記の上、e-mail:wasedakankyojyuku☆gmail.comま たはFax:03-6779-5618までご連絡ください。 ※上記アドレスの☆を@マークに変えて、ご連絡ください。 場所: アサヒビール神奈川工場 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

2015年1月23日(金) 「情報・ニュースを切り抜く力―キュレーション/クリッピング―」(第8期早稲田環境塾第2講第2回)のご案内

第8期早稲田環境塾 全体テーマ「希望への確かな歩み-上質な人生とシンプルライフへ」 第2講座「企業の現場から」 第2回「情報・ニュースを切り抜く力―キュレーション/クリッピング―」(1月23日(金)16時~) 2.株式会社内外切抜通信社 概要: 誰しもが新聞・雑誌などの活字媒体の気になる記事を「切り抜く」作業をしたことがあるかと思います。「切り抜く」という「行為」は、記事を自 らの視点により選別し、編集する作業です。切り抜く作業を通して、ニュースの読解力を磨くことで、メディアと対話し、リテラシーを鍛える一歩 となります。 いたずらに、「キュレーション」という言葉を使っていませんか? 昨今のWebメディアにおいて、簡単に「クリッピング」ができてしまいますが、その「クリッピング」した情報は本当にあなたにとって役に立つ情報でしょう か? 株式会社内外切抜通信社は1939年創業の情報産業の草分け的な企業です。日々様々なメディアから情報収集をしている老舗情報産業の現場か ら、現在のメディアの概況を聞くことで「切り抜く力」を養い、情報社会に溺れない方策を考えます。 開催日時:1月23日(金) プログラム: 16:00 毎日新聞社早稲田別館B1ホール(内外切抜通信社)にて開始 16:00~16:30「内外切抜通信社社内見学」 16:30~17:00「新聞雑誌の情報収集について」 17:00~17:30「新聞雑誌の記事の評価について」 10分休憩 17:40~18:10「WEBニュースの収集について」 移動 18:30~懇親会(参加費:2000円) 場所: 株式会社内外切抜通信社 〒169-0072 東京都新宿区大久保3-14-4 毎日新聞社早稲田別館 アクセス: 東京メトロ副都心線西早稲田駅2番出口徒歩1分 西早稲田駅2番出口を出て、右に進み、交差点を渡る。フレッシュネスバーガー、セブンイレブンを右手に見ながら直進。郵便局の手前のビル「毎 日新聞社早稲田別館」 当日はB1のホールに直接お越しください。 東京メトロ東西線 高田馬場駅 7番出口 徒歩12分 JR・西武新宿線 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

2015年1月9日(金) 「JR東日本管内101駅の資源ゴミが集まる現場を歩く―JR東日本の環境戦略 ―」(第8期早稲田環境塾第2講第1回)のご案内

第8期早稲田環境塾「希望への確かな歩み-上質な人生とシンプルライフへ」 第2講座「企業の現場から」第1回(1月9日(金))「JR東日本管内101駅の資源ゴミが集まる現場を歩く―JR東日本の環境戦略 ―」 概要: 一日あたり延べ1668万人の利用者があるJR東日本では、列車内や駅より年間でおよそ3万8000千トンものごみが発生している。そのほとんど が、新聞・雑誌や空き缶、ペットボトルといったリサイクル可能な資源である。 平成22年10月1日に設立されたJR東日本東京資源循環センターでは、こうしたさまざまなごみを、年間で約1万7700トン、1日あたり約63 トン(アフリカ象10頭分)再資源化することができる。また、自治体より排出される一般廃棄物についても、併せて再資源化を行っている。 山手線をはじめとした東京都、千葉県、神奈川県川崎市などJR東日本管内101駅から資源ゴミが集まる中間処理施設の現場を歩きます。また、JR 東日本総合企画本部経営企画部 環境経営推進室の山本信也さんにJR東日本の環境戦略についてお話を伺う。 開催日時:1月9日(金) プログラム: 8:00 JR品川駅港南口(東口)1番バス乗り場集合 8:08 都営バス(品98甲) 大田市場行き乗車 8:40 「丸全昭和前」バス停下車 8:45 東京資源循環センター事業所到着 9:00~9:10 視察の事前説明 株式会社東日本環境アクセス・東京資源循環センター事業所所長 西木保人さま 9:10~9:20 センター案内ビデオ視聴 9:20~10:30 センター視察(参加者が多い場合班分けをして見学。1班10人を想定) 10:30~10:40 休憩 10:40~11:40 「JR東日本の環境戦略」 JR東日本総合企画本部経営企画部環境経営推進室 山本信也さま 11-40~12:00 質疑応答 12:00 プログラム終了 … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

年頭のご挨拶

霜天に満つの年明けです。さらに心の琴線を鍛え、文化としての環境日本学創成と実践へ「知情意」の三方向から努め続けましょう。 第8期塾 「希望への確かな歩み―上質な人生とシンプルライフへ」の第2講座「企業の現場から」は、第1回「JR東日本管内101駅の資源ゴミが集まる現場を歩く―JR東日本の環境戦略―」(1月9日金曜日、品川)、第2回「情報・ニュースを切り抜く力―キュレーション/クリッピング―」(1月23日金曜日、西早稲田)、第3回「 水と森にかこまれた環境創造の場・アサヒビール神奈川工場 」(2月14日土曜日、神奈川県足柄市)の各事業現場を訪ね、講義を含めて、企業の環境活動がイノベーション(技術、制度の刷新)により、どのように変化してきているかを学びます。社会の要請と法の規制に応じた企業イノベーションの現状を、現場に即して知るチャンスです。どなたでもご参加ください。詳細なスケジュールは、その都度、事前にお知らせします。 早稲田環境塾のフィールド、山形県・高畠は連日の降雪で和田集落では積雪1メートル余超し、身を没する豪雪になっています。雪の重さによるリンゴ、ラ・フランス、ブドウの枝折れ、裂け木を防ぐ除雪作業が、降り続く雪の中で続いています。台風と共に雪害は果樹農家への脅威です。日本列島の気象と農の営みの厳しさが痛感されます。青鬼クラブからの応援にご協力ください。 体の治療に専念されていた星寛治さんは、2月から青鬼サロンに加わります。「みなさんにご迷惑とご心配をかけ、申し訳ありませんでした。1日も早く活動に復帰します」 とのことです。 早稲田環境塾長 原剛  

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。