2009年 講座紹介

[第1講座] 環境とは何か、地域社会から実証する(高畠合宿を含め3回)

  • 「自然・人間・文化の各環境要素を分断せずに統合する」(原剛 早稲田環境塾塾長)
  • 山形県高畠町合宿「有機無農薬農業は地域と日本社会に何をもたらしたか」(星寛治 詩人 稲作・リンゴ専業農家)

[第2講座] 水俣病 過去、現在、未来(3回)

  • 7月9日(木) 「水俣病とは何か、日本社会変容の原点として」(原剛 早稲田環境塾塾長)
  • 7月16日(木) 「なぜ私は水俣病を語り継ぐのか」(緒方正実 水俣病語り部)→変更しました!
  • 7月30日(木)「全国拡がる水俣地元学の背景」(吉本哲郎 地元学ネットワーク主宰、元水俣病資料館館長)→変更しました!
  • いずれも18時半より、早稲田大学アジア太平洋研究センター19号館 309号室

[第3講座] 環境政治の構図と実態(3回)(9月10、17、24日)

  • 環境政治の構図・国政から自治政治へ(堂本暁子 前千葉県知事)
  • 環境政治は存在するか(原剛 早稲田環境塾 塾長)
  • 温暖化と党環境政治の軌跡(齊藤鉄夫 環境省大臣)

[第4講座] 環境行政を検証する(3回)(10月1、8、15日)

  • 環境省行政の特長(原剛 早稲田環境塾 塾長)
  • 生物多様性と環境行政(小林光 環境省前自然保護局長)
  • 地球温暖化と環境行政(竹本和彦 環境省地球環境審議官)

[第5講座] 文化としての環境(京都合宿を含め3回)(11月5、28、29日)

テーマ、資料の解説を経て京都に合宿する。日本文化の基層には宗教性と科学性が共存し、近代行政の環境法制にその思想が継承され、制度化されている のではないか、との仮説を立てる。批判的に検証しつつ、環境保護・生物多様性の根幹を成す生態系・エコロジーの原点を洛北の鞍馬寺から貴船神社へたどり、 カミ・ホトケの概念から考える。広義の京都学の概論を京都学アドバイザー、当塾講師の丸山弘子氏が担当する。

  • 「京都 水の光景にみる日本文化の基層」(原剛早稲田環境塾塾長)(11月5日)
  • 「尊天と環境」(信楽香仁 鞍馬寺貫主)(11月28日)
  • 「水神と環境」(高井和大 貴船神社宮司)(11月29日)
  • 「なぜ、森の学校か」(梶田真章 法然院貫主)(11月29日)
  • 「京都学概論」(丸山弘子早稲田環境塾講師)(11月28、29日)
  •  

    カテゴリー: 活動報告   タグ:   この投稿のパーマリンク

    コメントは受け付けていません。