2015年1月9日(金) 「JR東日本管内101駅の資源ゴミが集まる現場を歩く―JR東日本の環境戦略 ―」(第8期早稲田環境塾第2講第1回)のご案内

第8期早稲田環境塾「希望への確かな歩み-上質な人生とシンプルライフへ」
第2講座「企業の現場から」第1回(1月9日(金))「JR東日本管内101駅の資源ゴミが集まる現場を歩く―JR東日本の環境戦略 ―」


概要:
一日あたり延べ1668万人の利用者があるJR東日本では、列車内や駅より年間でおよそ3万8000千トンものごみが発生している。そのほとんど が、新聞・雑誌や空き缶、ペットボトルといったリサイクル可能な資源である。
平成22年10月1日に設立されたJR東日本東京資源循環センターでは、こうしたさまざまなごみを、年間で約1万7700トン、1日あたり約63 トン(アフリカ象10頭分)再資源化することができる。また、自治体より排出される一般廃棄物についても、併せて再資源化を行っている。
山手線をはじめとした東京都、千葉県、神奈川県川崎市などJR東日本管内101駅から資源ゴミが集まる中間処理施設の現場を歩きます。また、JR 東日本総合企画本部経営企画部 環境経営推進室の山本信也さんにJR東日本の環境戦略についてお話を伺う。

開催日時:1月9日(金)

プログラム:
8:00 JR品川駅港南口(東口)1番バス乗り場集合
8:08 都営バス(品98甲) 大田市場行き乗車
8:40 「丸全昭和前」バス停下車
8:45 東京資源循環センター事業所到着
9:00~9:10 視察の事前説明
株式会社東日本環境アクセス・東京資源循環センター事業所所長 西木保人さま
9:10~9:20 センター案内ビデオ視聴
9:20~10:30 センター視察(参加者が多い場合班分けをして見学。1班10人を想定)
10:30~10:40 休憩
10:40~11:40 「JR東日本の環境戦略」
JR東日本総合企画本部経営企画部環境経営推進室 山本信也さま
11-40~12:00 質疑応答
12:00 プログラム終了
12:24 都営バス(品98甲) 品川駅港南口行き「丸全昭和前」より乗車、「品川駅」下車
13:00 品川駅解散

場所:
東京資源循環センター事業所
〒140-0003 東京都品川区八潮三丁目1番1号(JR東日本東京資源循環センター内)

アクセス:

JR品川駅港南口(東口)1番バス乗り場 都営バス(品98甲) 大田市場行きにご乗車頂き「丸全昭和前」下車後徒歩約5分
【バス乗り場ご参考】東京都交通局ホームページ
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/noriba/shinagawa.html
参考URL:
http://www.jea.co.jp/business/center.html

費用:学生無料 社会人1回1000円

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。