2014年12月17日(水) 舩橋 淳監督「“フタバから遠く離れて”―映像が語るコミュニティの分断」(第8期早稲田環境塾第1講第3回)のご案内

第8期早稲田環境塾「希望への確かな歩み-上質な人生とシンプルライフへ」
第1講座「ジャーナリズムとリテラシーへの対話」
第3回「“フタバから遠く離れて”-映像が語るコミュニティの分断」

【講師】舩橋 淳(ふなはし あつし)

1974年大阪生まれ。映画作家。東京大学教養学部卒業後、ニューヨークのスクール・オブ・ビジュアルアーツで映画製作を学ぶ。処女作の16ミリ作品 『echoes』(2001)がアノネー国際映画祭で審査員特別賞・観客賞を受賞。第二作『Big River』(2006)はベルリン国際映画祭。釜山国際映画祭等でプレミア上映された。東日本大震災直後より。福島県双葉町とその住民の避難生活に密着取材したドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』(2012)は世界40ヶ国で上映され、2012年キネマ旬報文化映画ベストテン第7位。同スピンオフ 作品「放射能 Radioactive」は、仏Signes de Nuit国際映画祭でエドワード・スノーデン賞を受賞。近作は、震災の被害を受けた茨城県日立市で撮影した劇映画『桜並木の満開の下に』(2013)、小 津安二郎監督のドキュメンタリー「小津安二郎・没後50年 隠された視線」(2013年NHKで放映)など。現在、新作「フタバから遠く離れて 第二部」 が劇場公開中。

ホームページ: フタバから遠く離れて Nuclear Nation – official site

ブログ: Deep In The Valley 舩橋淳の映画と批評

Twitter: @cowtown11211

【日時】2014年12月17日(水)18時~
※映画上映があるため、通常より30分開始を早め、18時より開始いたします。
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス19号館309号室(早稲田大学西早稲田ビル)〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-21-1

【プログラム内容】

18:00~19:40 『フタバから遠く離れて 第一部』上映

19:40~19:45 休憩

19:45~20:15 舩橋淳 監督講義

20:15~20:45 舩橋淳×原剛(早稲田大学名誉教授、早稲田環境塾塾長)対談

【費用】
学生無料、社会人1講座(第3回および第4回の参加費あわせて)3,000円
【申込み方法】
①参加希望日時(複数可能) ②名前・所属 ③連絡先(e-mail)を
e-mail: wasedakankyojyuku@gmail.comまたはFax: 03-6779-5618までご連絡ください。

**********

第4回 「オープンジャーナリズム-情報へのパブリックアクセスを目指すリテラシーとは(仮)」

【講師】堀潤(ほり じゅん)

ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。市民ニュースサイト「8bitNews」代表。
1977年7月9日生まれ。兵庫県出身。立教大学文学部ドイツ文学科卒業後、2001年NHKに入局。「ニュースウオッチ9」「Bizスポ」などの報道番組を担当。2012年6月、市民ニュースサイト「8bitNews」を立ち上げる。2013年4月1日付でNHKを退局。
【日時】12月24日(水)18時30分~

カテゴリー: お知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。